外貨取引 - GXシリーズ

外貨取引

外貨取引


外貨取引をお考えの方へ。システムラボの中堅企業向け ERP パッケージ「GX シリーズ」は、「仕訳」の観点からデータを処理するという、独自の設計思想を持ちます。そのため複雑なパターンを伴う外貨入金の消込作業でも、高い消込率を誇ります。 GX シリーズの最大の特徴は、勘定仕訳データに基づいた業務モジュール間のリアルタイム連携が図れる点です。債権・債務モジュール「GX-AR・GX-AP」も、他の業務モジュールと組み合わせると、より効果的に活用できます。

外貨取引、外貨建会計、外貨建て取引をお考えの方、外貨対応機能の付いた購買システム、基幹業務のERPパッケージやコンサルタント、販売管理システム、会計システム、外貨取引システム、為替のERPパッケージ、為替のセミナーなどをお探しの方、外貨建取引の仕訳、簿記、外貨普通預金の利息の換算、債権債務、為替などでお悩みの方も是非ご相談下さい。

外貨取引

さらに GX-AR は、外貨取引に応じた為替処理機能を充実させています。入金消込時の為替レートから為替差損益を自動計算。勘定仕訳を自動生成し、GX‐GL(財務会計)に反映させます。経理担当者の負担を大幅に削減できます。一方 GX-AP は、購買モジュールのGX-DP(国内購入)、GX/IP(輸入業務)と連動した債務管理が可能です。GX-DP、GX/IP から得た買掛金、未払金等の情報をベースに、支払計画をリアルタイムに作成する。外貨の支払処理機能も豊富です。外貨取引をお考えの方にもご満足いただけるかと思います。

また、外貨債務から外貨送金依頼書を自動作成。GX/EB(銀行オンライン接続)と連携して、取引銀行に対しオンラインで送金依頼を実行できる。支払確定時には、為替差損益の勘定仕訳を自動生成し、GX‐GL に反映させます。このように各業務分野に GX シリーズを適用すると、真にリアルタイムな業務処理が可能になります。

外貨取引や外貨預金の為替、実務指針に興味のある方も是非どうぞお問合せ下さい。

外貨取引